公開日:2021.12.04
更新日:2021.12.27

婚約指輪のダイヤモンドを選ぶ際に重視する4つのポイント

婚約指輪のダイヤモンドを選ぶ際に重視する4つのポイント

「ダイアモンドが印象的な婚約指輪を買いたいけれど何を選んだらいいのだろう。」「輝き?品質?大きさ?どれを重視したらいいのだろう。」など、そんな疑問を持っている方・・・。

「婚約指輪」は、お二人にとってかけがえのない特別な贈り物です。これからの生涯をともにする「婚約指輪」は、心の底から満足いくもの、贈られた方も満足するものを選びたいものではないでしょうか。そのために、婚約指輪に似合わしいダイヤモンドを見極めることが必要になります。

そこで今回の記事では、ダイヤモンドの目利きのためにまず知っておきたい情報や、選ぶ時の基準(品質のグレードやその評価の基準となる4C)を踏まえて、「婚約指輪」を選ぶ際に役立つ情報をご紹介していきます。

ダイアモンドを選ぶ基準

ハワイアンジュエリー プライベートビーチ

婚約指輪のダイヤモンドを選ぶうえで、まず押さえておきたい必須ポイントが、「4C」です。4Cとは、GIA(米国宝石学会)が考案した、ダイヤの評価基準のことです。

4Cを具体的に言うと、

  • Carat(カラット)・・・ダイヤの重さ
  • Color(カラー)・・・色
  • Clirity(クラリティ)・・・透明度
  • Cut(カット)・・・形

の4つのCから成り立っています。カラット以外は、それぞれグレードをつけ、段階的に評価されます。

4Cについて

OLINO

大きくてハイグレードなダイヤモンドは、希少性が高く効果でだれもが憧れる存在です。「価格は抑えたいけれど、クオリティにもこだわりたい」そんなときはダイヤモンドの価値を決める、4Cの各要素のグレードとその評価システムに注目してみましょう。

仕組みを知り、各要素のベストバランスを把握することで、おふたりに最も似合わしいクオリティのダイヤモンドを選ぶことが出きるでしょう。

カラット(重さ)

カラットは、宝石全般の重さを測る際に使われる重量単位のことです。1ctは、約0.200と定義されています。

大きなダイヤモンドは、小さなダイヤモンドより原石が少なく、より希少価値が高まります。例えば、1個1.0ctのダイヤモンドと10個まとめて0.1ctのダイヤモンドを比べた場合、ダイヤモンドの重量は同じですが、1個1.0ctのダイヤモンドの方が希少性が高い価値も持ちます。

また、4Cの中でも最も見た目に違いが分かりやすいのは、カラットです。

カット(研磨)

カットは、ダイヤモンドの美しい輝きを決定づける要素です。婚約指輪のダイヤモンドに多く用いられる「ラウンドブリリアントアッとは」は、ダイヤモンドに注がれた光を最も効率よく光学的に反射させる形として考え出され、カットグレードが定められる唯一の形状です。他の形状には、カットグレード以外の評価基準が定められています。

クラリティ(透明度)

クラリティは、ダイヤモンドに含まれるインクルージョン(ない放物)とブレミッシュ(傷)の相対的な少なさを表します。

カラー(色)

カラーは、ダイヤモンド自体の地色を表します。ジュエリーに使用されるダイヤモンド野茂とんどは、色評価がカラーレスやニア・カラーレスのものですが、少しの色味の差が勝ちに大きな影響をもたらします。科学テクに純粋で不燃物ののない本当に無色なカラーダイヤモンドを最上位とし、色味が薄くなるほど価値が高まります。

ダイヤを選ぶポイントは4Cのバランスを大切にする

婚約指輪 ダイヤモンド

いざ、婚約指輪を購入したいと考えている中で、4Cについて調べている方も多いでしょう。しかし、実際に「何を重視して」「何を優先すべきなのか」ダイヤを選ぶ際のポイントを紹介します!

カラット(重さ)重視で選ぶ

4Cのうち、素人でも分かりやすい要素が、「カラット」。カラットは、ダイヤモンドの重量や大きさを表す単位です。1カラット、2カラットと、カラット数が大きくなるほど希少価値のあるダイヤモンドと判断され、その分値段も高くなります。

ただし、同じ重さでもカットの種類によって、大きさが変わる場合があります。つまり、ダイヤ門徒の大きさが大きいからと言って、カラット数値も高くなるということではありあせん。

カラット(重さ)以外で選ぶ

カラット以外で選ぶ場合、カラーに注目してみましょう。カラーは、Hカラー以上であればよいと言われています。Hカラーは無色透明であり、無色透明のもの程、希少価値が高く、低くなるにつれて黄色味を帯びてきます。

結婚指輪は実物を見て試着することをおすすめします

婚約指輪

大切な二人の証だからこそ、結婚指輪はじっくりと決めたいもの。見るだけでなく、実際に試着してみて購入を決めることをオススメいたします。自分に合った指輪なのかどうかをしっかりと吟味することが大切です。

結婚指輪を下見するの際のポイント

  • 指輪のデザインがマッチしているか
  • 付け心地は良いか
  • 婚約指輪がある場合は持参する
  • 複数のジュエリーショップを回る

など、特別な指輪だからこそ公開の無い指輪選びをし、満足出来る一品を購入しましょう。

海好きな人のためのハワイアンジュエリー

ハワイアンジュエリー プライベートビーチ

プライベートビーチは、「ふたりだけのビーチを結婚指輪に」というコンセプトのもと、「いつも海を感じられるように」というテーマでブライダル用のハワイアンジュエリーを展開しています。ハワイアンジュエリーとは、ハワイの人々に愛されながら親から子へと代々受け継がれる家宝のような存在。ハワイで古くから信じられている「マナ(精霊の力)」が宿されており、ハワイアンジュエリーを身につけるとハワイの大自然の癒しパワーが感じられます。また、サーフィンが好き、小麦肌やラテ肌に合う指輪を探している方にもおすすめです!

ハワイの美しいビーチは、世界中のカップルからも大人気スポット。広くて大きく、どこか力強さも感じる青い海、永遠に打ち寄せるキラキラな波の静かな音、思わず深呼吸がしたくなる潮の香り。プライベートビーチなら、そんな魅力的なビーチを感じるデザインが全10種類から選べます。

プライベートビーチオフィシャルサイトへ

 

1人でもOK!ジュエリーショップは普段の服装で気軽に入れる

マカナ高崎店【群馬県高崎市】

ジュエリーショップは、少し格式が高くて足を踏み入れにくいイメージがありませんか?

実は、下見だけでも1人で行っても心配ゼロ!仕事帰りやデートがてら、ふらっと立ち寄ってもOKです。スタッフは結婚指輪選びの慎重さが大事なことをしっかり理解しているので、来店時に購入を強く押しつけることはありません。

服装は普段のスタイルでも恥ずかしくなく、わざわざドレスアップをしたりスーツを着たりは不要です。結婚指輪は毎日身につけるものなので、普段着で行けばスタッフがいつものふたりをイメージしやすく、相性の良いデザインや素材の結婚指輪が提案してもらえます。

後悔しないハワイアンジュエリーの選び方&お取り扱い店舗ご紹介|結婚指輪・婚約指輪ハワイアンジュエリー【private beach】

予約すると時間と心に余裕ができる

ジュエリーショップの予約システムを活用し、事前に来店時間や希望のデザインなどを伝えておきましょう。当日の待ち時間が短縮でき、相談から購入までがスムーズに進みます。心にも余裕ができるので、リラックスしながら希望通りの結婚指輪が楽しく選べます。