写真を使ったウエルカムボードのステキな写真を撮るコツ

ウエルカムボードは「写真」で特別感アップ!おしゃれな背景に欠かせないもの

ウエルカムボードは「写真」で特別感アップ!おしゃれな背景に欠かせないもの

結婚式は長い人生の中でも最大の思い出になる一大イベント。幼いころから憧れだった純白のウエディングドレスや美しい柄の着物に身を包み、愛する彼と並ぶ瞬間は女性にとって最大の幸せを感じるひと時ですよね。そんな結婚式の準備は忙しくも充実した時間にもなることでしょう。多くの花嫁が時間をかける部分はウエルカム演出ではないでしょうか?披露宴が始まる前の待合室や受付スペースでゲストが退屈しないようにということで「ようこそ」の気持ちを伝える定番アイテムのウエルカムボードの用意を検討される方も多いかと思います。挙式会場、披露宴会場、二次会などのパーティー会場全てに飾る物なので、結婚式で使用したものをそのまま2次会会場に持っていくケースも多いようです。ウエルカムボードは結婚式を象徴する大きな役目を果たすアイテムです。2人の結婚式のテーマ。例えば、ビーチや海外リゾートなどイメージに合わせると良いでしょう。

ハンドメイドやDIYなどでウエルカムボードを制作する方もいらっしゃいますが、写真を使う方が多く前撮りの写真を使う方も多いようです。この記事では撮影の際の背景のポイントや前撮り写真の効果的な活用方法、メッセージを込めた結婚指輪・婚約指輪のフォトアイディア、ビーチでの写真撮影の魅力についてお伝えさせていただきます。

 

ウエルカムボードとは

ウエルカムボード 写真

ウエルカムボードはゲストをお迎えする場所である、式場の入り口や受付台の上に飾るボードのことです。結婚式の披露宴会場でほぼ100%の方が準備しているマストアイテム。新郎新婦のお名前が挙式日が入った物が主流で、お二人の結婚式を表す案内板のような役割を持っています。

 

ウエルカムボードを選ぶ時の注意点

ウエルカムボード 注意点

ウエルカムボードの大きさやカタチに決まりはありません。しかし、いざセッティングしてみて、サイズが大きすぎて置けない…設置方法を妥協して置かないいけない…ということにならないようにあらかじめ飾る場所のスペースがどのくらいあるのか、プランナーさんに相談しておくと良いでしょう。

 

ウエルカムボードにはどんな写真が良いか

背景のバランスが良い写真

ウエルカムボード

新郎新婦と背景のバランスは写真の見栄えに大きく影響します。お二人を引き立たせたいときは背景に教会や緑の多いところ、青空が見える空間が多いロケーションを選んで撮った写真にすると良いでしょう。

色使いにまとまりがある写真

ウエルカムボード

色使いも写真の見栄えをよくするためには大切なポイントです。カラードレスや色打掛を来ている時は、衣装以外のところに色があると花嫁の印象が薄れてしまします。背景をシンプルにすることで、衣装の色が映え花嫁が引き立ちます。ウエディングドレスの時は全体のトーンを白でまとめることで背景と一体感があり印象的な写真になります。

幸せそうな雰囲気が伝わる写真

ウエディング

写真を使ったウエルカムボードは写真に映るお二人の表情にゲストが注目します。にっこりした笑顔でなくても、幸せそうに微笑んでいる様子でも良いでしょう。自分の好きな物をイメージしながら撮影すると自然な笑顔を作ることができます。カメラからあえて目線を外し、お二人が並ぶ写真は幸せオーラも自然に感じられるおしゃれな写真に仕上がるでしょう。

前撮りの写真を活用

ウエディング

結婚式の前に撮影する前撮り写真。結婚式当日とh違う衣装を前撮り写真は着ることが多いので、違った印象に見える姿をウエルカムボードで見せることができます。前撮り写真は時間をかけて撮影するので、ドラマチックな写真にすることも可能に。映画のワンシーンのような前撮り写真をポスターのように大きく引き伸ばしてウエルカムボードに使うこともおすすめです。

結婚指輪、婚約指輪を撮影する

結婚が決まって、特別な指輪。ピカピカに輝いている時こそおしゃれな写真を撮影してウエルカムボードにするのもおすすめです。ここからは、お二人の中が良さが指輪から伝わるような撮影方法をご紹介します。

2人の未来への約束を表現

ウエルカムボード 写真

手を重ね合わせて撮る定番ショットとは少し趣向を変えて、小指同士をつないだショット。手で指輪が隠れないように、角度に気を付けながら撮影するのがポイントです。また、指桐野ポーズをすることで「2人の未来を約束する」というメッセージを込めることもできます。

2人の強いつながりを願って

ウエルカムボード 写真

お互いの手を重ねる事で「2人がずっと繋がっていられますように」という思いを表現した一枚。また、結婚指輪、婚約指輪やブライダルネイル、ドレス、ブーケと式当日の花嫁を華やかに飾ったアイテムを全て収めることも意識した、欲張りフォトに仕上げる事ができることもポイントです!

 

成長する子どもの未来に思いを込めて

ウエルカムボード 写真

赤ちゃんのいる夫婦におすすめなのが、2人の結婚指輪や婚約指輪を使ったリングフォト兼ベビーフォト。こちらは購入からずっと変わらないサイズの指輪と、これからどんどん成長していく赤ちゃんの手という2つの異なる対象を象徴した一枚になります。夫婦としての成長していく様子や赤ちゃんの未来への希望が詰まった一枚に。

シンプルに指輪だけで撮影

ウエルカムボード 写真

2人の結婚指輪と花嫁の婚約指輪を丁寧に並べて撮影した、シンプルな中に静かな強さを秘めた雰囲気のあるショット。それぞれの指輪のデザインのディテールまでしっかりみえるので、指輪のデザインをきちんと捉えた写真を残したい人におすすめです。

 

ビーチでおしゃれな写真が撮れる

ウエディング ハワイアンジュエリー

最近では多くのカップルが前撮りをするようになり特に人気となっているのはロケーション撮影です。中でもおすすめなのが、ビーチでの撮影です。きらきらと水面が光海と大きく広がる浜辺をバックに撮影する前撮りは、他のカップルと一味違った写真を残すことが出来ます。

青い海と純白のドレスのコントラストは写真の見栄えも良く、夏らしく爽やかな雰囲気を醸し出すとともに、夏がくるたびに撮影した時の思い出がよみがえります。

また、きらきらと明るい日差しを照らしつける太陽の下での撮影も素敵ですが、夕日とともにウエディングフォトを撮影するのもオシャレです。大人ならではのムーディーな雰囲気とロマンティックな雰囲気が写真の中に閉じ込められ、特別な一枚になるでしょう。

 

プライベートビーチの婚約指輪が最適

ブライダルジュエリー

思い出の詰まった写真に収める指輪はプライベートビーチの婚約指輪がおすすめです!プライベートビーチはハワイアンジュエリーの婚約指輪・結婚指輪を手掛けるブライダルジュエリーブランドです。テーマはハワイのビーチを「いつも身近に感じられるように」ビーチスタイルの細身でスタイリッシュなデザインは、特にリゾート婚や海外挙式に憧れる方から高く評価されています。また、身に付ける方がより満足できるよう、同じデザインの中でも色々な素材をご用意。

  • プラチナ900
  • K18ゴールド(ピンク|イエロー|ホワイト(ノンメッキ))
  • K14ゴールド(ピンク|イエロー|ホワイト(メッキあり or メッキなし))K10ゴールド(ピンク|イエロー|ホワイト(メッキあり or メッキなし))

肌の色・好みに合わせた結婚指輪が見つかります。プライベートビーチの指輪は全部で4種類あります。

【OLINO:かがやき】

OLINO

中心に0.2ct、その両サイドに0.01ctのダイヤモンドをセッティング。プリンセスの模様が施されており、幸福・永遠の愛・絆の強い結びつきを意味しています。

【HIA:よろこび】

HIA

 

中心に0.2ct、そこからポンッとよろこびの気持ちが現れたような斜め上に0.01ctのダイヤモンドをそれぞれセッティングしています。模様はプリンセスデザインです。

【KAPALILI:ときめき】

KAPALILI

V字の中心に0.2ctのダイヤモンドを置き、浮き出ているように見せてワクワク感を表現したデザイン。模様はプリンセスデザインです。

【WALEA:やすらぎ】

WALEA

アームをゆるやかなカーブにし、やすらげるような柔らかい印象に。模様は、強い絆の結びつきを意味するマイレリーフです。

結婚指輪は婚約指輪と同じ模様は4パターン

結婚指輪のデザインは全10種類。婚約指輪と同じ模様を選ぶなら「プリンセスデザイン」もしくは「マイレリーフ」を手彫りしたものがおすすめです。

【プリンセスデザイン】

Princess

  • NAO:さざ波
  • AOULI:空
  • OPUA:雲
  • HONU;海亀

※婚約指輪=OLINO、HIA、KAPALILI

【マイレリーフ】

Leaf

  • LAU:葉
  • HOKUKEA:南十字星

ハワイアンジュエリーとともに素敵なウエルカムボードを

privatebeach

人生で最大と言っても過言ではない結婚式。ゲストの一番の目に留まるウエルカムボードは新郎新婦の思い出の詰まった思い出の場所でこだわった背景、メッセージを込めたポーズそして指輪で作成してみたはいかがでしょうか?