憧れの海外ウエディング!ハワイ挙式の準備物&おすすめ結婚指輪「ハワイアンジュエリー」

憧れの海外ウエディング!ハワイ挙式の準備物&おすすめ結婚指輪「ハワイアンジュエリー」

日本では味わえない空気や文化に触れ、愛する人と特別なひとときが過ごせる海外ウエディング。招待するゲストが少数で自由度が高いため、参加している人全員で素敵な思い出が作れます。

特に、ハワイでの挙式は人気No.1!でも、初めてのことなので、何をどのように進めていけばいいか不安ですよね。

ここでは、

海外ウエディングに必要なことは?

最高の思い出にするには?

とお悩み中のあなたへ、準備物と当日のスケジュールを一例とともにご紹介。おふたりだけの結婚指輪選びについてもお届けします。海外ウエディングの魅力をたくさん知って、気持ちを盛り上げていきましょう!

海外ウエディングのメリット・デメリット

Overseas wedding  

メリット

  • 日本にはない絶景・開放感・食文化が楽しめる
  • 日本ではできない挙式スタイルが経験できる
  • 自分たちとゲストの仲が深まる
  • ハネムーンと兼ねられる
  • 両家の絆が深まる

結婚式は人生で1番キレイになれる日だといわれています。真っ青の美しい海に真っ白のウエディングドレスを着た花嫁。その姿を見るだけで「海外ウエディングを選んで良かった」と思わせてくれます。

絶景のロケーションを背景にした挙式は、開放感にあふれ、参加している人みんなが笑顔に!一生の宝物になるウエディングアルバムやDVDも、大切に飾っておきたくなるほど素敵に仕上がります。

参加するゲストは、ご両親・家族・親しい友人など、ごくごく少数の身近な人たち。日本での大人数で挙げる式とは違い、1人ひとりがゆっくりと交流できます。

また、海外ウエディングでは、挙式だけじゃなく飛行機・ホテル・レストランなど一緒に過ごす時間が長くなります。ハネムーンとして、記念に写真を撮ったり、食事をしたり、観光スポットに出かけたり。お互いの家族が言葉を交わすチャンスも多く、自然と打ち解け合うことができます。

デメリット

  • 言葉が通じにくい
  • 教会・チャペルの下見ができない

海外なので、日本語が少ないのは当たり前。スタッフとの打ち合わせや滞在中のいろんなところに「外国語」の壁が立ちはだかります。でも、ハワイなら日本語が通じやすくてとてもラク!日本人スタッフもおり、きめ細やかなサポートが受けられます。

また、渡航費用や時間がかかるので、教会やチャペルの下見は難しく、現地スタッフとの打ち合わせもなかなかできません。その分、当日やることは簡単になっていますが、「どんなスケールの式場なのかな?」「ちゃんとドレスアップしてくれるかな?」などの不安はつきものです。

事前準備で安心!海外ウエディングに必要なもの

海外ウエディングの不安を解消するなら!

当日に向けて準備するものは何か?

当日はどのように行動すればいいのか?

を事前にイメージして、準備物やスケジュールをしっかり把握しておけば安心。良い緊張はあるものの、不安で失敗したりゲストに迷惑をかけたりする可能性は低くなります。

準備物リスト&スケジュール表を作ろう

Preparation

当日に向けての準備は盛りだくさん。ひとつずつ確実にクリアできるように、カレンダーなどを用いて準備のためのチェックリストを作りましょう。

やり残しが増えていくと、当日が近づくにつれて慌ただしくなります。いろんなことがじっくり決められないので、後々「やっぱりこっちにすれば良かった」と後悔するかも。とても忙しくなり、心も体もヘトヘトに疲れてしまうかもしれません。最悪、間に合わずに満足したウエディングができないおそれもあります。

主な準備期間&準備物

【6〜3ヶ月前】

・挙式エリアを決める
・時期、日数を決める
・会場、手配会社を決める
・ゲストを検討する
・職場に結婚報告をする
・仕事の休みを申請する
・招待状を作る、送る
・結婚指輪を決める

【3〜1ヶ月前】

・衣装、ドレスを決める
・オプション(写真、演出など)を決める

【1ヶ月〜1週間前】

・持ち物リストを作る
・ゲストに最終確認をする
・現地を楽しむための情報を集める
・ブライダルエステやネイルを済ませる

【前日】

・ゆっくりと体を休める

持ち物リストを作ろう

Inventory list  

当日、持っていくものをリストアップしましょう。海外ウエディングは、海外旅行の中に「挙式」が含まれていることがポイント。挙式に必要な結婚指輪やメイク用品はもちろん、滞在中に必要な着替えなどの旅行グッズも必要です。

足りないものは現地調達でも良いですが、どこにあるかが分からずムダな時間を過ごしてしまうかもしれません。日本円じゃないので相場が分かりにくく、思わず高額なお買い物をしてしまうおそれも。日本で買えるものは、なるべく事前に用意しておきましょう。

当日の持ち物(例)

【挙式関連〜衣装〜】

・ウエディングドレス
・ドレス用アイテム(下着、ストッキング、パンプス 等)
・アクセサリー類(ネックレス、ティアラ、イヤリング 等)
・タキシード
・タキシード用アイテム(シャツ、タイ、ポケットチーフ 等)

【挙式関連〜挙式で使うもの〜】

・結婚指輪
・リングピロー
・証明書(戸籍謄本、婚姻届受理証明)
・ゲストブック
・ポチ袋(協力者へのチップ用)

【旅行関連】

・貴重品(パスポート、現金、航空券 等)
・服やカバン(着替え、下着、靴、観光用のバッグ 等)
・身なりを整えるもの(化粧品、化粧水、ひげ剃り 等)
・日用品(タオル、ウエットティッシュ、医薬品、コンタクト&メガネ 等)
・ガジェット類(スマホ、カメラ、海外用電源プラグ変換アダプター、充電器 等)
・夏にあると便利なもの(日焼け止め、サングラス、帽子、サンダル 等)
・冬にあると便利なもの(手袋、マフラー、カイロ 等)

当日用のスケジュール表を作ろう

Schedule table  

朝起きて出発してから無事に帰宅するまでをイメージ!スケジュール表を作って、主な流れを確認しておきましょう。知らない土地での移動や下見ゼロの挙式。慣れないことばかりですが、事前にしっかり調べておけばテキパキと行動でき充実した時間が過ごせます。

頼れるおふたりがいれば、ゲストも安心!挙式前後をみんなで楽しむために、観光スポットや美味しいレストランなどもスケジュールに入れておくのがポイントです。

スケジュール〜出発から帰宅まで〜(例)

【1日目】

・起床、出発
・成田空港に到着、出発
・現地空港に到着
・現地サロンで打ち合わせ

【2日目】

・終日フリー(ゲストと合流)

【3日目】

・挙式
・パーティー

【4日目】

・帰宅するゲスト、家族をお見送り

【5日目〜】

・ふたりでハネムーン

【最終日】

・現地空港に到着、出発
・成田空港に到着
・帰宅、就寝

【重要】結婚指輪は早めに選ぼう!

wedding ring

準備期間中、忘れてはいけないのが「結婚指輪」。日本と同様、現地でも指輪を交換する儀式があります。

結婚指輪は、海外ウエディングの大まかな日取りが決まったらすぐに探し始めるのがおすすめ!その理由を2つ紹介しますね。

1.完成までに時間がかかるため

結婚指輪は、おふたりの新しい人生が始まる記念品。イニシャルやメッセージの刻印を入れたり、フルオーダーやセミオーダーにしたりすると、注文から完成まで約1〜3ヶ月かかります。

当日に間に合わない場合は代用品を貸してくれるお店もありますが、なるべくなら自分たちだけのリングが良いですよね。帰国後、結婚指輪を見れば海外ウエディング・海外旅行の幸せな時間が思い出せます。

2.本当にほしい結婚指輪をGETするため

おふたりの愛情が込められた結婚指輪は、日常生活で毎日&大切に身につけたいアイテム。デザイン・使いやすさ・つけ心地・お手入れのしやすさなど、すべてに後悔したくないですよね。

時間に余裕があれば、いろんなリングが試せたり価格やデザインが細かく調整できたり!じっくり選べるので、お気に入りの結婚指輪に仕上がります。

ハワイ挙式の結婚指輪は「ハワイアンジュエリー」が最適

ハワイ挙式は、海外ウエディングの人気No.1!結婚指輪には、同じくハワイの魅力が詰まった「ハワイアンジュエリー」がぴったりです。

美しい&華やか「ハワイアンジュエリー」

Hawaiian jewelry

ハワイアンジュエリー(Hawaiian jewelry)は、直訳で「伝統的なジュエリー」。ハワイで古くから伝わる「マナ」を宿す模様が刻まれており、ハワイでは親から子へ受け継がれる家宝のような存在です。

マナとは「精霊の力」のこと。ハワイでは、奇跡を呼び込んだり人々を回復したりして癒しを与えてくれると信じられています。

デザインは、一生身につけていたくなるほど華やか!リング表面・サイドに彫られた模様が、プラチナやゴールドをより一層輝かせます。

その模様にはひとつずつ意味があり、結婚指輪にふさわしいものもたくさん。

  • マイレ||神聖な結びつき
  • ハート|愛情・幸福・恋愛成就
  • プルメリア|大切な人の幸せを願う
  • ホヌ(ウミガメ)|幸せを釣り上げる
  • スクロール・ナル(波)|永遠の愛

たとえば、このように「永遠」「幸福」などの想いや願いが込められます。

美しい海が好きな人におすすめ「プライベートビーチ」

広くて大きくて美しい海や永遠に打ち寄せる波。木々や波から聞こえる癒やしの音。そんな大自然が大好きなあなたには、「プライベートビーチ」の結婚指輪がおすすめ!「ふたりだけのビーチを結婚指輪に」をコンセプトに、「いつも海を感じられるように」というテーマでデザインしています。

pattern

模様は全10種類!

どれもハワイの美しいビーチがイメージでき、ストレートライン・V字ライン、2カラーなどさまざまなフォルムから好きなデザインが選べます。

LAU

 

たとえば、「LAU:葉」にはハワイ語で「強い結びつき」を表すマイレリーフをリング一周にあしらっています。

Private beach

デザインのほか、素材(色)も以下から好きなタイプが選べます。

・プラチナ900
・K18ゴールド【ピンク|イエロー|ホワイト(ノンメッキ)】
・K14ゴールド【ピンク|イエロー|ホワイト(メッキあり or メッキなし)】
・K10ゴールド【ピンク|イエロー|ホワイト(メッキあり or メッキなし)】

いつまでも永遠に白さを放つプラチナや、かわいくて特に女性から人気のピンクゴールド。ホワイトゴールドの「メッキなし」は純金+パラジウムで白さを出しており、メッキ剥がれによる変色がありません。


オフィシャルサイトへ


海外ウエディングを思いっきり楽しもう!

海外での滞在中や挙式を不安なく迎えるためには、「事前準備」が重要ポイント。しっかり備えておけば、一生の想い出となる海外ウエディングが思いっきり楽しめます。

ハワイ挙式をするなら、「ハワイアンジュエリー」で決まり!

愛にあふれた模様を選び、ハワイ語のメッセージも刻印するなどして、普段は照れくさくて口にできない言葉を表現してみてくださいね。


オフィシャルサイトへ