リゾート婚ってどう?街中であげる結婚式との比較&必須アイテム紹介

リゾート婚ってどう?街中であげる結婚式との比較&必須アイテム紹介

日々の生活から離れ、特別な場所で思い出を作るリゾート婚。キレイな海や緑に囲まれた開放的なムードで、リラックスできたりロマンティックな写真が撮影できたりします。

結婚式といえば街中にある結婚式場も選択肢の1つですが、リゾート婚とは全くの別物。おふたりもゲストもそれぞれ感じることが違い、費用や準備の面でもそれぞれに特徴があります。

ここでは、

リゾート婚は私たちに向いている?

街中の結婚式と何が違う?

と気になるあなたへ、リゾート婚と街中であげる結婚式の違いをご紹介!愛情と幸せに包まれたリゾート気分がいつも思い出せる「プライベートビーチ」の結婚指輪についてもお届けします!

非日常的な想い出が作れる「リゾート婚(リゾートウエディング)」

 

 

Resort marriage

リゾート(resort)は、英語の「re=再び」とフランス語の「sortir(略:sort)=出かける」が合体した単語。「何度も通う場所」という意味があり、リゾート地は「何度も通いたくなるようなのんびりとリラックスできる場所」として行楽・避暑・避寒などのために利用されています。

日常から離れ、整備された大きな敷地やくつろぎながら滞在できる宿泊施設でゆっくり過ごせる環境。そんなところで挙げられるリゾート婚はふたりの新たな思い出の地になり、10年後20年後の記念日にも家族みんなで訪れることができます。

リゾート婚と街中であげる結婚の違い

リゾート地の結婚式と、現住所もしくはどちらかの地元の街中であげる結婚式。

この違いを、

  • ロケーション
  • 新郎新婦が感じること
  • ゲストが感じること
  • 費用
  • 準備

に分けて紹介しますね。

ロケーション

Location

リゾート

リゾート婚では、チャペルから青い海が見えたり白い砂浜の上を歩いたり。潮の香りや緑いっぱいの美味しい空気で深呼吸をし、波の音や葉っぱ同士が触れ合う音に癒やされます。

日常から離れた見慣れない自然の景色は、フォトウエディングのロケ地としてもぱっちり!早朝~日中は明るく爽やか。夕方~夜はロマンティックな写真が残せます。

街中

街中の結婚式では、いつもの見慣れた景色がチラッと見えたり電車や車などの聞き慣れた音が聞こえたり。外とつながりを完全にシャットアウトしている式場はありますが、リゾート地と比べると日常的な景色や音を多く感じます。

フォトウエディングでは、ふたりの思い出の駅や公園で撮影できるのが魅力的。ただし、結婚式中のスナップ写真には、まったく関係ない道路やビルが遠くに写っているかもしれません。

新郎新婦が感じること

Bride and groom

リゾート

新たな思い出の地ができ、ハネムーン気分にもなれるリゾート婚。挙式が楽しみなのはもちろん、そこへ行くまでの道のりにもワクワクできます。

遠方の場合、チャペルの下見やスタッフとの対面の打ち合わせがなかなかできません。事前に会場の雰囲気やスタッフの対応を目で見てしっかり確認したい人には不向きかも。挙式・披露宴だけじゃなく、前後の移動や宿泊の手配も必要なので、ゲストのお車代や宿泊費の用意も考えておかなければなりません。

ゲストの数は少なめなのが一般的ですが、だからこそ1人ひとりとたくさん交流できるのが魅力的!リゾートの開放感も合わさり、アットホームであたたかな結婚式が迎えられます。

街中

自宅と近い場所にある結婚式場は、当日に向けての準備がしやすいのが魅力。挙式や披露宴の打ち合わせ・衣装合わせ・ヘアメイクの打ち合わせ。仕事のあとや休日の半日分の時間で、スタッフと直接話をしながら内容の濃い打ち合わせが可能です。

ゲストの数は、式場が近いと多くなりがち。親族・友人・職場の人・近所の人などを招待するので、大規模&高額な結婚式になるケースも少なくありません。

多くの人から祝福の言葉をもらい、晴れ姿を見せられるのは嬉しいかもしれませんが、その分いろんな人への気遣いも必要!席順や引出物の中身をしっかり考えて決めないと、印象が悪くなりその後の生活に影響するおそれがあります。

ゲストが感じること

The guests

リゾート

ゲストも、結婚式だけじゃなく行き帰りの移動も旅行気分を味わえるのが魅力的。リゾート地ならではの開放感でリラックスし、日常を離れてゆっくりと過ごせます。挙式・披露宴は少人数でアットホームな雰囲気なので、新郎新婦へお祝いの言葉が伝えやすいのも嬉しいポイント!両家の親族・友人同士のコミュニケーションもとりやすくなり、一段と仲良くなれます。

ただ、不慣れな場所での結婚式は準備が大変。ヘアメイクや着替えはいつどこですればいいかと悩むことも多いでしょう。海外のリゾート婚の場合は、言葉・食べもの・文化の違いの不安もあります。

街中

土地勘のある街中の結婚式は、マイカーや良く知っている公共機関での移動がしやすいのでラク。サプライズパーティーや二次会の計画もしやすく、なじみのお店を予約したり下見ができたりします。

当日は、行きつけの美容院や衣装屋さんが利用でき、自分好みのコーディネートができるので安心!挙式のみ・ウエルカムパーティーのみ・写真撮影のみの参加も気軽に申し出られます。

費用

cost

リゾート

リゾート婚では、結婚式関係の費用のほかにも旅費(交通費・宿泊費・お食事代・お土産代)がかかります。海外の場合は、為替レートを考える必要があるので時期によっては通常より高額になってしまうかも。

ただ、リゾート婚は前日~当日に打ち合わせをすることが多く、着付け・ヘアメイク・ウェディングフォトなどのお得なセットプランが充実。ウエディングドレスなどの衣装や小物類はレンタルでもバリエーションが豊富です。

街中

リゾート婚のように参加者全員の交通費・宿泊費は不要!でも、ゲストの数が多いぶん結婚式の費用は高額になりがちです。

式場近くに住むゲストは自分で来てくれるので、2人が負担するお車代や宿泊費は少なめ。ただ、どちらかの地元で結婚式を挙げる場合は費用の負担に偏りがあり、不公平さを感じるおそれがあります。

事前準備

wedding

リゾート

リゾート婚では、結婚式関連と旅行関連の準備が不可欠。ゲストに招待状を配ったり引出物やプチギフトの手配をしたりするのはもちろん、宿泊先や交通手段も探して予約をしなければなりません。

知らない土地での滞在になるので、足りないものの現地調達は難しいかも。結婚式で使う小物類や旅行グッズなどを忘れないよう、当日持っていくものリストを作っておく必要があります。

ただ、リゾート婚ができる結婚式場は準備が大変なことをよく知っているところばかり!飛行機のチケットやホテル予約もすべて含めたパッケージプランがあり、準備期間は短めでOKです。オンラインの打ち合わせを導入しているところも多く、自宅にいながらラクに準備が進められます

街中

結婚式場が近くにあるほど、準備の段階から自分たちの行動範囲も広くなるのが魅力。ブライダルエステ(3ヶ月前~)や衣装合わせ(6ヶ月前~)などは、式場提携のお得なプランを利用できるところがあります。

式場選び自体も、近場ならブライダルフェアに参加しやすい!旅行関連の準備は遠方からの親族・友人のみで済み、結婚式関連の準備だけに集中できます。

ただ、自分で足を運んで行動するだけに、仕事のあとや休日は忙しくゆっくり休めないかもしれません。ゲストの数にもよりますが、大規模な結婚式になるほど招待状の数や料理・引出物が増えるので大変です。

リゾート・街中どちらも「結婚指輪」を用意しよう

wedding ring

リゾート婚と街中での結婚式。どちらも、永遠の愛を誓い合う大切な儀式が執り行われます。

そこに欠かせないのが「結婚指輪」!必要ないと感じているカップルもいますが、結婚式を挙げるなら「指輪交換」のためにぜひ準備をしておきましょう。

永遠の愛を誓い合う儀式「指輪交換」の素敵な意味

指輪交換とは、永遠の愛の言葉を述べながらお互いの左手薬指に結婚指輪をはめ合う儀式。

  • 信頼の証として交換し、家同士の結びつきを強める
  • 途切れのない円形のものを交換し、永遠の愛の誓いを目に見える形として示す

という意味があり、「これからずっとよろしくね」という意思表明にもなります。ふたりの絆を強めるだけじゃなく、それぞれの家族のつながりを深めるという目的も。現在、教会式・人前式・神前式などほとんどの挙式スタイルに取り入れられています。

後悔しない結婚指輪をGETするには

結婚指輪を探すときは、まずどんなデザインが良いかを2人で考えるのがベスト!

  • かっこいい
  • かわいい
  • おしゃれ
  • シンプル
  • 個性的

などのテーマを決めて、愛着のわく1組をGETしましょう。

傷つきにくさや変色・変形のしにくさを重視しても良いですが、毎日つけたくなるのは好きなデザインだからこそ。お気に入りの結婚指輪なら、傷がつきやすいところでは外すなどして大切に扱うようになります。

プライベートビーチで『ふたりだけのリゾートを結婚指輪に』

Material  

リゾート婚に憧れているなら、ビーチ・ガーデンなどの自然をテーマにしたデザインがおすすめ!

ハワイアンジュエリーブランドのプライベートビーチでは、「ふたりだけのリゾートを結婚指輪に」というブランドコンセプトを掲げ、「いつも海を感じられるように」というテーマで結婚指輪・婚約指輪を展開しています。

ハワイの美しい青い海やキラキラと輝く真っ白な砂浜。聴けばたちまち疲れが取れていくような癒やしの波の音。思わず深呼吸をしてしまうような潮の香り。

そんなビーチの魅力をつめ込んだスタイリッシュなデザインは、同じデザインでも素材が変えられたりサファイアがセッティングできたり!イニシャル・記念日・愛の言葉なども無料で刻めます。


プライベートビーチオフィシャルサイト


デザイン紹介

プライベントビーチの結婚指輪は全10種類です。

NAO

たとえば、こちらはハワイの海の「さざ波」をテーマにしたデザイン。太めのカットアウトタイプのハワイアンジュエリーで、細め幅でもボリューミー。一周に施されたプリンセスデザインには「幸福・絆を強く永遠に結びつける」という意味があります。


◆商品の詳細はこちら|NAO:さざ波


◆商品一覧はこちら|Collections


リゾート婚で忘れられない思い出作りを!

結婚式は、両親や友人に感謝を気持ちを伝え、自分たちが幸せな人生をスタートさせるための大切なビッグイベント。リゾート婚と街中の結婚式を比べて、あなたはどちらが向いていると感じましたか?

リゾート婚をするなら、必須アイテムの結婚指輪はプライベートビーチのハワイアンジュエリーがおすすめ!大好きなビーチやガーデンがいつも身近に感じられるだけじゃなく、愛情や幸せに包まれた結婚式の思い出が忘れられなくなります

お求めは、全国のジュエリーショップにて。

まずは、お気軽にお近くのショップへ足を運んでみてくださいね。


◆ご予約はこちら|来店予約


プライベートビーチオフィシャルサイト