家族を大切にする家族婚

近い親族だけの家族婚!温もりに包まれたリゾート気分でみんな笑顔に

近い親族だけの家族婚!温もりに包まれたリゾート気分でみんな笑顔に

大切な家族や親族のみを招待する「家族婚」。大人数の挙式とは違い、アットホーム感が強く温もりに包まれた時間が過ごせます。

  • 大勢の人前に出るのが苦手
  • 身内だけでこじんまりとやりたい
  • ゲスト1人ずつとの交流を大切にしたい

家族婚はそんなあなたにぴったり!規模が小さいからこそゲストと過ごす時間がたっぷり確保でき、日ごろの感謝や今後の支援のお願いの気持ちがしっかりと伝えられます。

ここでは、

家族婚ってどんなもの?
どんな家族婚にすると良い?

と気になるあなたへ、家族婚で大切にしたいことや気をつけること、ゲストと全員で笑顔になれるような成功の秘訣をご紹介。リゾート婚や、ハワイアンジュエリーの結婚指輪が家族婚に向いている理由もお届けします。この記事を読んで、心温まる結婚式を迎えてくださいね!

家族婚で親族のみのアットホーム感を楽しもう

at home

「感謝の気持ち」を1人ずつに伝える結婚式

家族婚とは、両親兄弟や祖父母などの近い親族だけで挙げる結婚式のこと。参加する人数は新郎新婦を含め30人以下が多く、「少人数結婚式」「少人数ウェディング」とも呼ばれています。

カップルから選ばれる主な理由は、冒頭でご紹介したとおり。

  • 大勢の人前に出るのが苦手
  • 身内だけでこじんまりとやりたい
  • ゲスト1人ずつとの交流を大切にしたい

家族婚は、いつもお世話になっている大切な人1人ずつに「感謝の気持ち」が届きやすい結婚式。

「ありがとうございます」

「これからもよろしくお願いします」

という日々のお礼の言葉や今後の力添えをお願いする言葉を、少人数ならではの演出や贈り物と共に伝えることが可能です。

ゲスト以外の人への報告・挨拶が必要

家族婚をするときにもっとも気をつけたいのが、日々お世話になっている大切な人たちへの心遣い。

  • 友人
  • 遠い親戚
  • 職場の同僚・上司
  • 隣人などの近所の人

大規模な結婚式ではゲストとして招くのが一般的。でも、家族婚の場合は日ごろのお礼や結婚に対する2人の決意などを伝える機会がありません。

そこで、挙式前後どちらでも良いですが、

「結婚しました」

「名字・住所が変わります」

「これから2人で人生を歩んでいきます」

「これからもどうぞよろしくお願いします」

などの報告や挨拶を忘れずにしておきましょう!「結婚式は身内だけで挙げました」と一言添えると、「呼ばれてないよ」と不快にさせにくいので安心。心からの祝福がもらえ、挙式後の2人を心から応援してくれるでしょう。

家族婚をする5つのメリット

アットホーム感が楽しめそうな家族婚。具体的にはどんな魅力があるのかを5つ紹介していきます!

ゲストとの距離が近い

 

大人数の結婚式と比べて、ゲストとの距離が近く感じられる家族婚。挙式の儀式やスピーチなどのシーンでは、いつもの顔ぶればかりなので緊張がほぐれやすく安心できます。

また、1人ずつと触れ合う時間がたくさん設けられるので、ゆっくり話をしたり写真を撮ったりしやすいのも魅力的。アットホームな空間で、その場にいる全員があたたかい気持ちになれます。

家族水入らずの時間がたっぷり過ごせる

結婚式は、両家の親・兄弟・祖父母などで同じ時間を共有しながら新しい家族を認識し合うもの。1人ずつが交流しやすい家族婚なら、大人数の結婚式と比べて親睦がぐっと深められます。

顔合わせや結納のときに1度会っているかもしれませんが、親族みんなで1度に集まる機会は結婚後もあまり多くありません。家族婚は、幸せな気分を味わいながら一緒に過ごせる大きなチャンスです。

少人数ならではの演出ができる

Directing

人数が少ない分、1人ずつにかける時間は余裕たっぷり。大人数の結婚式ではサラッと終わってしまいそうな演出も、十分に手間がかけられます。

例えば、

  • 1人ひとりにプレゼントを渡しながら「ありがとう」と伝える
  • 1人ひとりにマイクを渡してスピーチをしてもらう
  • 全員の表情がはっきり見える集合写真が撮れる

など。どんな演出にするかは2人のアイデア次第!ウエディングプランナーと一緒に、じっくりと検討していきましょう。

大人数よりも準備物が少ない

ゲストに招く人数が少ない分、招待状や引出物の数も少なめでOK。特に、友人や職場の同僚・上司などでそれぞれ種類やランクを決める引出物には、頭を悩ませなくても良いのでとてもラクです。

Directing

食の好みや苦手なものを元々知っている人たちが多いので、引出物の中身や披露宴での食事メニューはゲストに喜ばれるものを選びやすい!2人に対しての印象や家族婚のクオリティーがぐっと高まります。

ゲストに渡すもの1つずつに手間がかけられる

準備だけじゃなく、ゲストに渡すものにかける時間や手間も余裕たっぷり。費用や自分たちの手間もかけやすく、当日持って帰ってもらうお土産1つずつに2人の気持ちが込められます。

例えば、

  • 引出物
  • 席に置いてある席次表
  • 二次会でのビンゴの景品
  • 披露宴中にプレゼントしたギフト

など。少し高級なオーダーメイド品や、手作りのお菓子なども取り入れやすいです。

Invitation

ゲストに渡すものといえば、招待状もその1つ。2人から初めて渡すものであり、2人の印象を決めるものでもあります。数や時間などに余裕のある家族婚なら、テンプレートの注文ではなくイチから手作りするのもラクラク。あたたかみのあるオリジナル招待状で当日を楽しみに待っていてもらえます。

みんな笑顔に「家族婚×リゾート婚」が大成功のカギ

「どこで挙式をしよう?」

と、迷ったらリゾート地での結婚式「リゾート婚リゾートウエディング)」がおすすめ!

街中の結婚式場と比べて、家族婚にふさわしい魅力がたくさんあります。

開放的でリラックスできる

Garden wedding  

「リゾート(英語:resort)」とは、日本語で「行楽地」「保養地」という意味。自然豊かな環境に囲まれ、心地良さを感じながら家族や友人とくつろげる空間です。

海や森林などの豊かな自然に触れると、人はストレスホルモンが低下したり脳の疲労が和らいで冷静さが取り戻せたりするのだとか。非日常的な雰囲気が味わえ、日々の疲れや悩みを忘れて過ごしやすいリゾート地。リラックスしながら参加するリゾート婚では、みんなが楽しくて笑顔になりやすく2人への祝福の気持ちも盛り上がります。

家族旅行&新婚旅行が兼ねられる

Travel

電車や飛行機での長時間移動、旅館やホテルでの宿泊、そこでしか味わえないご当地グルメ。リゾート地へ行くことは、家族にも2人にとっても特別な旅行になります。

挙式だけじゃなく、移動・宿泊・食事(翌日の朝食など)も一緒に過ごせるので、お互いの家族との距離もぐっと縮まることまちがいなし。自然と打ち解けあい、帰るころにはみんなが仲良くなっていることでしょう。

旅行グッズの準備や宿泊先・移動手段の手配は必要ですが、家族婚なら結婚式の準備が少なくて済む分とてもラク!自分たちにとっては新婚旅行にもなるので、後日改めて行く旅行と比べて職場に休みをとる手間や移動などの費用が省略できます。

結婚記念写真・家族写真が映える

Costume  

日常から離れた見慣れない自然のロケーションは、記念写真の素敵な背景に!チャペルから透き通る青い海が見えたり、白い砂浜の上をウエディングドレスで歩いたり。潮の香りやおいしい空気で深呼吸をし、波の音や木々の葉が触れ合う音に癒やされます。

思い出の駅や公園のある街中も素敵なロケーションですが、機会がなければなかなか来れないのはリゾート地。後日、写真を見て振り返ったときに、そのときの幸せがよみがえります。


関連記事:リゾート婚ってどう?街中であげる結婚式との比較&必須アイテム紹介


結婚指輪は家族の絆を強く結びつける「ハワイアンジュエリー」

Material  

結婚式の準備とともに、じっくり選んでいきたいのが「結婚指輪」ですよね。当日は指輪交換をする際のアイテムに、その後の生活ではお互いの愛情を近くで感じ合うアイテムになります。

家族・親族を大切に想う2人には、家族の絆を強く結びつける意味が込められた「ハワイアンジュエリー」がおすすめ!

「身につけるとどんな効果があるの?」

「どんなハワイアンジュエリーがあるの?」

それぞれ紹介していきますね。

ハワイアンジュエリーは「家宝」のような存在

ハワイアンジュエリー(Hawaiian jewelry)は直訳で「伝統的なジュエリー」という意味。ハワイでは、親から子へと代々受け継がれる家宝のように大切にされています。

細かく刻まれた模様は、手元をおしゃれで華やかに演出。ハワイの大自然がもたらす「マナ(精霊の力)」が宿されており、身につけると永遠の幸せや奇跡が訪れるといわれています。

ハワイアンジュエリーにはいろいろな模様がありますが、その1つずつに意味があるのも人気の理由のひとつ!

  • Maile(マイレ)|神聖な結びつき、絆
  • Scroll(スクロール)|永遠の愛、目標を乗り越える
  • Plumeria(プルメリア)|大切な人のしあわせを願う

など、結婚指輪にふさわしいものもたくさんあり、新しい家族の絆が生まれたお互いへ特別な想いや願いが込められます。


関連記事:ハワイアンジュエリーをマリッジリング・エンゲージリングに。海好きの人のためのプライベートビーチ


「プライベートビーチ」の結婚指輪でリゾート気分をいつも身近に

「プライベートビーチ」のハワイアンジュエリー結婚指輪なら、家族婚で感じた「幸せ」「あたたかさ」「リゾート気分」がいつも身近に感じられるはず!

デザインには「ビーチをいつも身近に感じられるように」という願いを込め、リゾート地にある海・砂浜・太陽・植物などのビーチスタイルをテーマにおしゃれな模様を施しています。

ブランドコンセプトは「ふたりだけのビーチを結婚指輪に」。より特別感を味わってもらうため、同じデザインでも素材が変えられたりメッセージが無料で刻印できたりするサービスをご用意しています。

結婚指輪のデザインは全10種類。ここでは、代表して3つ紹介しますね。

【NAO:さざ波】

NAO

「幸せ」のプルメリア(花)と「永遠」のスクロール(波)を葉で結んだプリンセスデザイン。太めのカットアウトタイプで存在感があり、永遠に続く幸せな愛が強く感じられます。


◆詳細はこちら|NAO:さざ波


【PUAALA:花】

PUAALA

ハワイの挙式で利用される「フラワーレイ」を一周にあしらったリング。太めのカットアウトで存在感があり、優しい香りの花が感じられます。


◆詳細はこちら|PUAALA:花


【LAU:葉】

LAU

強い結びつきを表すマイレリーフを一周にあしらったリング。太めのカットアウトで存在感があり、濃緑の葉の雰囲気がたっぷり感じられます。


◆詳細はこちら|LAU:葉


◆商品一覧はこちら|Collections


心あたたまる家族婚を一生の想い出に

家族婚は、2人の大切な人たちとじっくり絆を深めていける結婚式。少人数ならではの演出や感謝の気持ちをたっぷり込めたプレゼントなどで、幸せに包まれた心あたたまる時間を過ごしてくださいね。

リゾート地で挙げれば、リラックス効果でお互いの家族みんなが笑顔に!絆がぐっと深まるだけじゃなく、素敵な記念写真・集合写真としてカタチになり2人の思い出の場所も作れます。

愛を誓い合う宝物「結婚指輪」は、家族とのつながりを大切にするハワイアンジュエリーがおすすめ。プライベートビーチの結婚指輪で、家族婚で感じた思い出深いリゾート気分をいつも身近に感じてくださいね。


プライベートビーチオフィシャルサイトへ


関連記事:家族婚は「ハワイ」へGO!身内だけのメリット・デメリットと費用内訳&相場の紹介